ブレブレです。

お久しぶりです。ササガスです。


ラインを3ラインに絞ったはずが、また5ラインに戻りました。
先輩方のありがたい誘惑のおかげでやっぱり5ライン。
誘惑に弱かったササガス。

ただ、最初の5ラインよりは確実に戦力的にはアップしたかなという印象です。
特大は望めませんが、上手く噛み合えば85mmくらいは出てもおかしくない組合せにはなったと思います。


なったと信じたい。


組合せとか、どうすれば当たるとか全然わからないので何を信じていいのかわかりませんが(-_-;)
1ラインくらい期待が持てるラインが出て欲しいものです。

当初の予算的には厳しくなりましたが、きっとどうにかなるでしょう(笑)





相変わらず温室作業進んでないし(;´д`)


とりあえず、更新しない間にもペアリングは順調に進んでいます。
KLB候補の1ペアは今日明日にでもセットを開始しようと思っています。
無事産卵してくれると嬉しいのですが・・・。


知れば知るほど弱気になって行くんだぜ〜。
とりあえず、1年目なので勉強していきます!
スポンサーサイト

産卵セット用温室作成中①

みなさんこんばんはSasagas.です。


今シーズンからオオクワブリードを始めるわけですが、何もかもありません!
まぁ当然ですけど(笑)
発泡スチロールの箱でペアリングはさせていて、そこは順調に進んでいると思います。
だがしかし、所詮は発泡スチロール。
スペースに限りがございまして、すでにいっぱいいっぱいでございます。

産卵セットから材割りを考えた場合、すでにキャパオーバー。
ということで、ペアリング&早期に使える温室を作成し始めました。
フレームはプレカット工場で出た廃材を使っています。
がしかし、厚さが24mmとか28mmとか床用の極厚なのでクソ重いです。
タダとはいえ後悔しました。
201803300017566fa.jpg

箱の中にはダ◯ソーのアルミシート(キッチン用)を貼りました。
安物なので効果は定かではありません(;´д`)
20180330001755c0c.jpg

そしてスタイロ・・・ではなく、カネライトフォームを取り付けようと思ったのですが、ビスの長さが足らずに今日の作業は終わりました。
断熱材50mmに合板12mmだと75mmじゃ先っぽしか入りません。
先っぽだけじゃダメですわ。
2018033000175746c.jpg

そして、熱源何にしようか・・・な(;´д`)
菌糸を入れるわけじゃないんで多少のブレは許されると思うんですえけどね・・・
できるだけ様になる様に頑張ります。


産卵セット用の後は本丸の育成用の温室作成です。
先は長いぜ〜。
頑張れオレ!

カイコに学ぶ

これくらいクワガタのブリードも解明していきたい。と思った。

が、しかし、相手は5,000年とか人間に飼われ続けている種なので道のりは遠い。
5,000年とか6,000年飼ってもまだまだ解ってないことも、生産性が上がる工夫も残されている訳ですから、オオクワに関してもまだまだこれからって事なのだと…。

養蚕技術研究所



↑のHPにはオオクワのブリードに活かせることがめちゃくちゃ詰まってると思うササガスでした。

時代が変わるにおいがする。

今までの常識が過去のものとなる。
その時がすぐそこまで来ているのかもしれない。

そう思った3月1日の夜。

我が家の断熱と温室設計を考える

こんばんはSasagas.です。


温室の設計がまとまりません。
少なくとも我が家の下駄箱以上の性能を発揮したいんですが、うちの下駄箱半端ないんです。

たかが下駄箱ってお思いでしょうが、この時期温度差が1度切るんです。
20180213000847f1f.jpg

我が家はこの時期エアコン20度設定で24時間つけっぱなし。
その結果2週間の計測で最高21.0℃、最低20.1℃。

湿度はまぁ置いといたとしても、離れは室内でも今年の寒波のおかげで最低-3.2℃を記録しております。
なので、母屋の下駄箱以上の温室を超える温室を作るのは何度脳内シュミレーションをしても答えが見えません。

Sasagas.が住んでる栃木北部は普通に最低気温と最高気温の差が15℃くらいになる訳で・・・orz

ちなみに我が家、105mmの柱で、柱間充填断熱で発泡ウレタンが90mm(ほぼ目一杯)+外断熱で高性能グラスウールボードが45mm入っていまして、壁はこのような厚さになっております。

201802130008442b2.jpg

ただし、母屋に温室は置けないくらいコンパクトな大きさになっております・・・



離れに作る温室も断熱性抜群にしたいなぁ。
でも結局大きくは出来ないし・・・


一度作るとなかなか直せないので慎重になりますよね・・・

ってな訳でなかなか踏み切れません。


自分のブリード環境にあった温室。
答えは簡単に出ませんね・・・orz

 | ホーム |  次のページ»»